So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサードリンク




前の5件 | -

軍師官兵衛 感想 第10回「官兵衛 試される」 [感想]


今回はタケハン(竹中半兵衛)にクロカン(黒田官兵衛)が試されるという意味のタイトル「官兵衛 試される」だったのですが、タケハンはガッテンを押したのでしょうか?(゜o゜)\(-_-)試してガッテンか!


取り敢えず普段冷静なクロカンが蒸気機関車のようにカッカして(力(酒井若菜)からもらったバイ◯グラ飲んだんじゃね?( ̄▽ ̄;))急ぎ播磨に帰りました。


尻を叩いただけと言う知らぬ顔の半兵衛(・_・;におね(黒木瞳)は「半兵衛殿のことですから余程痛い所を叩いたのでしょう」(なに~前を叩いたのか?( ̄▽ ̄;))


こうして急所を叩かれたクロカン(・_・;は播磨の御三家をまとめて上洛してのぶりん(織田信長)に恭順の意を示そうと画策します。


しかし別所長治(入江甚儀)が文学青年(?)であることを知り、クロカンが六韜(中国の兵法書)を引き合いに、自立を促したスゲー策も、赤松を後回しに別所と手を組んで半脅しをかけた凄腕も、小寺のバカ殿の登校拒否で全くクロカンの偉業(史実ではないけど)が目立たないコント重視脚本┐('~`;)┌これではガッテン押せません( ̄▽ ̄;)


ただアラーキー(荒木村重)御着威嚇のデモンストレーションどっきりは、コントとしては(・_・;良かったと思います(一応史実のようですし)。


nice!(0)  コメント(0) 

軍師官兵衛 キャスト 赤松(斎村)広秀 野杁俊希 [キャスト]


今週から播磨の国でも新旧入れ替わりのテコ入れがあったようで( ̄▽ ̄;)イケメン城主の別所長治と赤松広秀になります。


赤松広秀役は野杁俊希で、あの大女優の赤木春恵の孫だそうですね。トレンディドラマの出演もあるようですが、まだ知名度があまり高くないので、これを機にブレイクして欲しいものです。


赤松広秀と言えば、龍野城主・赤松政秀(団時朗)の次男で、後にあの天空の城・但馬竹田城主で有名です。ただ残念ながら青山・土器山の戦いで、クロカンにまさかの逆転負けした後にとうちゃん政秀は備前の浦上に激しく攻められた挙げ句毒殺されて密かに退場していました。


広秀も龍野にいては危険だということで、才村(佐江村という説も)に疎開していたそうですが、兄が死去したため家督を継いで戻っています。


広秀は後に才村に疎開していた時代が長いから、才村を斎村にして斎村広秀というHN(ハンドルネーム)名に改めますが(ネットやってたのかよ!( ̄▽ ̄;))、この頃は力の衰えた龍野城主の赤松広秀です。


ただ一旦は織田になびくものの、後に裏切って秀吉(竹中直人)に「こら~めっ!」されますが( ̄▽ ̄;)赦されて、ハッチー(蜂須賀小六)の子分となり秀吉政権下で天空の城に入ります。


nice!(0)  コメント(0) 

軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第10回 [あらすじ]


前回の放送でタケハン(谷原章介)久々に出演したと思ったら、「試してもよろしゅうございますか?」となぜか上から目線。


今回「官兵衛試される」でついにクロカンまさかのモニタリング。どっきり仕掛けられたクロカンは・・・なんて展開になる訳ないですが( ̄▽ ̄;)単純に播磨の3バカ大将3トップをまとめるように尻を叩いたようです。


クロカンは3トップをのぶりん(江口洋介)に会わすべく画策するのですが、別所長治(入江甚儀)・赤松広秀(野杁俊希)は説得したのですが、主君・小寺政職(片岡鶴太郎)が「オレ行かね!」とまさかの登校拒否( ̄▽ ̄;)です。


もちろん織田に付いたからには、そんなことが許される訳もなく、ガンダムのブラモ買ってやるから(今どきそんな小学生いない!( ̄▽ ̄;))とか説得するのですが、「行かない」の一点張り。


そんな時織田の大軍が播磨の御着城に迫ってきました。今は盟友(・_・;のアラーキー(田中哲司)の軍勢で、これに腰を抜かした小寺は布団に潜り(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル。


クロカンの旧知の間柄で敵意のないことを知ると、総大将のアラーキーに何事もなかったように「織田様に会うのが楽しみ」だと言ってのけます┐('~`;)┌


実はアラーキーのデモンストレーションはタケハンのモニタリングだったようです。ただしクロカンではなく、小寺へのどっきりでしたとさ( ̄▽ ̄;)


nice!(0)  コメント(0) 

軍師官兵衛 感想 第8回「秀吉という男」 [感想]


鶴ちゃんの一声で周りの反対を押しきって、小寺家が織田家につくことをごり押ししたクロカン(黒田官兵衛)ですが、突然の信長リスペクトも訳の分からないまま( ̄▽ ̄;)


クリゼン(濱田岳)と太兵衛に至っては「ワシらは織田の強さをこの目で見て来た」と言うが、浅井・朝倉攻めならともかく赤子の手をひねるようなヨッシー将軍相手の戦い( ̄▽ ̄;)


結局ごり押しの理由も分からないままのぶりん拝謁を済ませました。


しかし拝謁スピーチでクロカンに助け船を出したはずの秀吉(竹中直人)にまさかの浮気のアリバイ工作の片棒を担がされます。


しかも今回のおね(黒木瞳)はいつもの人格者とは程遠い嫉妬深く、物欲大王( ̄▽ ̄;)で、初対面なのにいきなり夫の浮気を厳しく追及されクロカンタジタジ(・_・;


クロカンにしてみれば、気むずかしいのぶりんの取説は熟読していたのですが、浮気Gメンおねの執拗な追及は完全調査不足でした┐('~`;)┌


松寿丸預けるの不安だなぁ(-_-;)


一方姫路では光(中谷美紀)が暗躍。


「ここは思案のしどころじゃのぉ」で、一旦揺るぎかけた織田家支持をお紺(高岡早紀)に働きかけ、鶴ちゃんの妻の一声で再び織田家支持に落ち着きましたとさ。メデタシメデタシ┐('~`;)┌


あれ?軍師官兵衛のサブタイトルって女たちの戦国だったっけ?( ̄▽ ̄;)


nice!(0)  コメント(0) 

軍師官兵衛 あらすじ ネタバレ 第8回 [あらすじ]


次回クロカン(黒田官兵衛)は、アラーキー(荒木村重)の取り次ぎでのぶりん(織田信長)に小寺(片岡鶴太郎)の名代として謁見が叶います。


前回アラーキーから「上様は気難しいお方だ」と、のぶりん使用上の注意(・_・;を良く読んで、用法・容量を守って正しく謁見をアドバイス(>_<)\(-_-x)信長は劇薬か!


アラーキーのアドバイス(?)とのぶりんの取説を熟読(・_・;したので、のぶりんに大変気に入られ、まんじゅう抜きの刀だけを(・_・;プレゼントされます。


そしてそこではクロカンにとって運命の人?秀吉(竹中直人)との出会いがありました。これでやっと点と点がつながりました。


こうして毛利攻めが決まったのですが、総大将は明智光秀(春風亭小朝)が有力だったのですが、のぶりんの使用上の注意を良く読まなかったので(・_・;「あー言えば、こう言う」のぶりんの隅から隅まで熟知していた秀吉に総大将が決まります。


岐阜で意気投合したクロカンと秀吉はいざキャバクラ!とばかりに近江のおねえちゃんがいる店に。


しかし秀吉は当時付き合っていた南ちゃん(南殿)とのアリバイ工作にクロカン使ったようで、翌日おね(黒木瞳)の追及からクロカンは逃れられるのか?(>_<)\(-_-x)そういう番組ちゃうやろ!


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。